【代々木公園】スリランカフェスティバル2019行ってみた

スリランカフェスティバル2019 紅茶

代々木公園で開催のスリランカフェスティバル2019に行ってみました。今年でなんと15回目のイベント。お茶の産地としても有名なスリランカ。紅茶メーカーさんも出店しているので、チェックしてきました。

スリランカフェスティバル2019

イベント概要

会場:代々木公園イベント広場

日時:8月3日(土)〜4日(日)10:00〜20:00

入場料:無料

主催:スリランカ大使館など

出店内容:紅茶 レストラン ドリンク 雑貨 アーユルヴェーダなど

そもそもスリランカってどこにあるの

インド洋に浮かんでいる島国です。スリランカの西にあるのがインドです。どちらも紅茶の産地ですね。

よくスリランカ産の紅茶のことをセイロンティーというのは、スリランカの昔の国名セイロンから来ているんだとか。今回はじめて知りました。

セイロンティーの特徴

スリランカの紅茶は、インド、ケニアにつぐ世界第3位の生産量を誇ります。

ヌワラエリヤ、ウバ、ディンブラが有名どころですよね。同じ国で収穫される紅茶ですが、産地によって気候が違うために特徴も異なる紅茶が生産されています。

全体にすっきりとした味わいと評されることが多いセイロンティ。飲みやすく、万人受けする紅茶が多いと思います。

日本で一番飲まれている紅茶は実はセイロンティなんです。有名メーカーの加工用の茶葉としても多く使われています。

フェスティバルのご紹介

紅茶のブースや料理、雑貨などバラエティゆたか

会場には100店舗ほどのブースが出店していました。スリランカと言えば紅茶は有名な特産物ですから、一区画が紅茶関連で固めてありました。紅茶関連の出店は全体の1割ほどです。

普段は店舗を持たないメーカーさんも多かったので、珍しい紅茶との出会いに期待です。その場で試飲ができたり、フレーバーティーの茶葉の香りを確かめたりできるのがイベントのいいところ。

 

ミルクティーの屋台でスパイスの効いたミルクティーを買って飲みました。当日は体温越えの暑さでクラクラしましたが、そんな日はスパイスが効いた冷たいミルクティーが特に美味しく感じます。

他には、カレーをはじめとするスリランカ料理のお店はたくさんありました。お昼時だったので、どこも行列してました。

エスニック雑貨のお店なんかもありました。雑貨屋さんで、かわいい花柄と星柄のスカーフ買っちゃいました。

片隅でココナツをバンバン割ってるお兄さんがいたり、一瞬ここは日本じゃないような錯覚に陥ります。最近は海外に行ってないけど、時々こんなフェスに来てみるのも異国感を味わうことが出来て楽しいですね。

変わったところでは、お坊さんがいるお寺ブース、占星術のブース、アーユルヴェーダの体験コーナーなどがありました。

宝石屋さんも出店していましたよ。スリランカの宝石は有名ですけれど、公園のテントで宝石を売っているのが、なんか不思議でした。売れるのかなあ。

スリランカ旅行を紹介する旅行者のブースに立ち寄ってパンフレットをもらいました。アーユルヴェーダかお茶農園を巡る旅が人気の様子です。私も旅先では、お茶やコーヒー関連の場所を巡るのが好きなので、スリランカ行ったらお茶農園は行ってみたいです。三大産地を巡ってお茶の飲み比べとか。楽しそう。。

ベタかも知れませんが、スリランカの名所、世界遺産のシーギリヤロックは一生に一度は行ってみたい所のひとつ。旅行って計画しているときも楽しいですよね。

メインステージでは紅茶の淹れ方教室なども

セイロンティの美味しい飲み方をレクチャーしてくれるデモンストレーションがありました。この日は、セイロンティを使ったタピオカドリンクのアレンジ方法をレクチャーしていました。

伝統舞踊のステージも次々とあって、結構楽しいです。しなやかで流れるような動きの美しいダンスでした。

ジョージ・スチュアートの紅茶を購入

ジョージ・スチュアートは1835年創業のスリランカでもっとも古い紅茶メーカーです。

スリランカで生産加工された製品である証拠のマークがきちんとついています。

JALやANAのラウンジでも採用されているお茶なんだそうです。

5種類の紅茶のアソート、黒封筒と白封筒を購入しました。

10種類のお茶のフレーバーが楽しめます。日常飲む紅茶は、試飲して気に入った物を飲みたいですから、色々と飲み比べできるセットがあるのはうれしいです。

ティパックのパッケージがキラキラして綺麗です。なんだか手をつけるのがもったいない感じ。午後のお茶休憩に少しづつテイスティングしてみたいな。日常のちょっとした楽しみです。

気に入ったお茶はAmazonでも取り扱いがあるので、追加購入したいと思います。

白封筒の内容

  • ロイヤルディライト
  • ヴィンテージアールグレイ
  • イングリッシュブレックファースト
  • クィーンズチョイス
  • ミックスフルーツ

黒封筒の内容

  • ハイビスカスシナモン
  • オレンジブロッサム
  • ストロベリーミント
  • チョコドリーム
  • ハニーバニラ

スリランカフェスティバル2019まとめ

異国気分を味わえるイベント

気温が高かったので途中でクラクラしましたが、それでもお祭りの雰囲気が楽しくて、会場を何周かしてしまいました。行列に並ぶ気合いがあったら、スリランカ料理もいただいてみたかったな。会場はスパイスのいい香りがしました。

ちょっと心残りなので、都内のスリランカ料理のお店もチェックしてみたくなりました。

なんとかお目当の紅茶はしっかりチェック出来たのでよかったです。暑い中飲んだアイスミルクティが最高に美味でした。

お茶の時間はこころの旅

美味しいお茶をいただいている瞬間、心は旅してる気分になるんです。勝手に脳内トリップって呼んでますが、5分間だけ何もかも忘れて幸せに浸るんです。どんなに忙しくても出来る5分間の旅。

ティータイムって気分転換に積極的に取り入れるといいですよ。「今日は英国デー」とか「今日は台湾デー」とか勝手に自分でテーマを決めて、お茶請けも用意して自分のために気合いを入れてお茶を入れたり時々します。

お手本は、いつか行った素敵なカフェの美味しいお茶や旅先で出会ったお茶の思い出。

丁寧にお茶を入れて飲むと、どんなに疲れていても元気になれる。これが私が自分にかけるお茶の魔法です。自己暗示ってバカに出来ないですからね。

ちょっとだけこころを緩めると、逆に力って湧くものです。

お茶巡りは、これからも続きます。

【あわせて読みたい】トルコフェスティバル2019行ってみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました