【抹茶味レビュー】ロッテ紗々〜宇治金時【期間限定】

抹茶

期間限定のロッテ紗々〜宇治金時の実食レポです。糸のように繊細な作りのチョコレート。夏限定の宇治金時味を実食しましたので、レポートします。

冷やしてパリッとロッテ紗々〜宇治金時

紗々は糸のように織られた繊細なチョコレート。今回は期間限定発売の『ロッテ紗々宇治金時味』をいただきます。

レギュラー商品はブラックチョコレートとホワイトチョコレートの商品ですが、期間限定の紗々はブラックチョコレートと抹茶チョコレートとホワイトチョコレートの3色織のチョコレートです。

抹茶味とあっては、試食しないわけにはいきません。

パッケージはこんな感じ

かき氷の宇治金時のイメージ写真があります。かき氷をイメージした夏限定の商品なんですね。

パッケージに冷やしてパリッと涼やかにと書いてあるので、冷やしたものと冷やしてないもので食べ比べしてみたいと思います。

冷凍庫でキンキンに冷やしてみた

どうせ冷やすなら冷凍庫でしょ。ということで、実験用に冷凍庫に30分ほど入れてから紗々を食べてみたいと思います。

タイマーかけて30分後の紗々をいただきます。

お!!!パリパリじゃなく、バリバリになってます。明らかに冷蔵庫で冷やした紗々よりも冷凍庫の方が食感がいいです。同じチョコレートなのに食感だけで違う商品に感じられるレベル。

紗々の食感を楽しむなら、冷凍庫で冷やすのがおすすめです!!

パリパリ食感の秘密

紗々はこのように糸を織ったようなチョコレートです。左が表面、右が裏面の紗々です。裏の方は平な感じになっています。板チョコに比べると糸と糸の間の部分は空洞なので、食べた時の食感が独特です。

この糸状のチョコレートの1本の太さご存知ですか?公式サイトを調べたところ、その太さ1.5mm。細い!

断面を見てください。層になっていますが、空間もきちんとあって本当に繊維のようですよね。

噛んだ時に一本一本の糸状のチョコレートがポキポキと折れるから、繊細なパリパリ食感が楽しめるんですね。

また、細いチョコレートなので溶けやすいですから、食べる直前までキンキンに冷やす方がパリパリをより楽しめると言うのも納得です。

ロッテ紗々〜宇治金時データ

内容量原材料栄養成分
1枚(標準4.4g)当り
ロッテ紗々宇治金時
69g(個包装込み) 砂糖、カカオマス、全粉乳、
乳糖、植物油脂、ココアバター、
抹茶(宇治抹茶100%)、
小豆パウダー/乳化剤(大豆由来)、
香料、着色料(紅花黄、クチナシ)
エネルギー25kcal
たんぱく質0.3g
脂質1.5g
炭水化物2.5g
食塩相当量0.006g

ロッテ紗々のブランドサイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました