【豊島区要町】「祥雲寺」ぼうず’n coffee【お寺カフェ】

日本茶
この記事は約3分で読めます。

要町駅にほど近いところに、ときどきしかオープンしないお寺の中のカフェ「ぼうず'n coffee」があります。

ときどきしか開かないお寺のカフェの営業日はフェイスブックをチェックしてください。気まぐれにオープンしています。

ぼうず'n coffeeとは

ときどきオープンするカフェ

豊島区要町祥雲寺 ぼうず'n coffee

いつオープンするかは、フェイスブックで確認してください。

空気が澄んでいる静かな空間

豊島区要町祥雲寺 ぼうず'n coffee

お茶をいただく和室は、お庭につながる窓が開いてるので、冷たい新鮮な空気が満ちています。近くに大きな通りがあるのが嘘のよう。聞こえる音は、鳥の羽ばたきとさえずる声。時々、ししおどしから落ちる水の音が、ぽちゃん。普段なら聞き逃すような小さな音まで聞こえてくるような静けさにつつまれています。

お庭が素晴らしい

新緑が目にまぶしいです。キラキラした新緑を見ていると清々しい気分になります。京都にでも旅行に来たような気持ちになります。
縁側に座布団をひいて座るもよし。
豊島区要町祥雲寺 ぼうず'n coffee
窓のガラスは、古いボコボコ歪みがある今となっては、貴重なもの。古い建築好きな方には地味にたまらないポイントです。歪んだガラス越しの景色は、まるで水の中のようでゆらゆらゆらいでいるような美しさがあります。
豊島区要町祥雲寺 ぼうず'n coffee
秋に来たら、紅葉が素晴らしいんじゃないかな。お庭には紅葉の大木がありました。時々お庭眺めに来ようかな。お庭を眺めていると別世界にいる気分になれますよ。
あっと言う間に1時間たちました。

お茶とお菓子でおもてなし

豊島区要町祥雲寺 ぼうず'n coffee

コーヒーやお抹茶と共にお菓子がいただけます。お庭を眺めながら、ホッと一息つく空間を味わいましょう。

お抹茶をいただきました。日本庭園を眺めながらだとやはり一幅のお抹茶が欲しくなります。

茶道のことば

豊島区要町祥雲寺 ぼうず'n coffee

茶道の世界で喫茶去(きっさこ)という言葉があります。
茶室の床の間の掛け軸の定番のことばで、よく見かけます。あるときお茶の先生から教わったのですが、喫茶去も元々は、禅からきた言葉です。
去は、去ると読みますがこの場合は、去るという意味はなくて、喫茶という言葉を強調する目的で使われています。
どうぞ、どうぞ、お茶でも召し上がれ。というだけの言葉ですが、実は深いんです。
貧富貴賤男女の差なく、どなたでもおもてなししますよ。どんな方でも差別なく受け入れますから少し休んでいきなさい。という尊くやさしい言葉だったりします。
どんな人でも受け入れてくれて、何を言うでもなく、そっと寄り添ってくれる。そんなさりげないおもてなし。派手さはないけれど最高の励ましになることがあります。これが喫茶去の精神です。
こちらのカフェは、そっと寄り添いながら時間と空間を少し貸してくださっているような感じがしました。

ぼうず'n coffeeドリンクメニュー

エスプレッソ 300円

アメリカーノ 400円

カフェラテ 400円

カフェモカ 400円

抹茶オレ 400円

ココア 400円

ミルク 400円

抹茶 500円

この日のぼうず'n coffeeおやつメニュー

どら焼き 300円

きんつば 300円

最中 300円

どら焼きホイップ 350円

あんバタートースト 400円

お団子 450円

白玉宇治金時 450円

「祥雲寺」ぼうず'n coffee

営業日:不定期(フェイスブックを確認してください)

住所: 東京都 豊島区池袋3-1-6 祥雲寺内

営業時間:12:00~18:00

電話:03-3984-2408

コメント

タイトルとURLをコピーしました